対面型のセルフレジ

クリニック向け
クリニックのセルフ会計ニーズに応えるPOSと連携したレジシステム
対面型のセルフレジ クリニック向け

概要

対面型のセルフレジで会計業務の課題を解決します。

多くの大学病院でもご採用をいただいている当社のつり銭機とPOSをセットにした対面型のセルフつり銭機。
クリニックの会計業務の自動化を実現するだけでなく、
紙幣・硬貨の投入やつり銭の受取を患者さま自身で行っていただくセミセルフ会計運用なので
スタッフが現金に触れることなく衛生的。
さらに、診療報酬明細書作成PC(レセコン)から金額情報が入ったバーコードを出力し読み取ることができるので、
金額の打ち間違いも発生せず、厳正で安心な会計業務を実現します。


クリニック向け対面型のセルフレジ

特長

グローリーの対面型のセルフレジが選ばれる理由

患者さまもスタッフも安心

患者さまご自身が会計金額の入金とつり銭の受け取りをする運用なので
現金の受け渡しがなくなり間違いが発生しません。
さらに、スタッフは現金に触れることがないので衛生的で安心です。
 

 

レセコン連携で正確な会計を実現

POSがレセコンと連携しているので、
金額情報が入ったバーコードを読み込むだけで会計金額の登録が可能。
金額の入力間違いがないので、正確な会計処理ができます。

また、会計の記録が残るため
万が一の違算が出た際も直ぐに確認することができます。
 
※レセコンの連携には条件・仕様などの確認が必要になります。
 

違算の発生を防止

入金された紙幣と硬貨を自動で計数。
つり銭の払い出しも自動で行うので違算が発生しません。
履歴の確認や数え直しなど、今まで発生していた手間がかかる業務がなくなります。
 

売上金回収の自動化で締め作業時間を大幅削減

現金売上金のみを回収する「残置回収」機能と、
機内現金のすべてを回収する「全回収」機能を搭載。
つり銭機本体につり銭準備金のみを残すことができるため、
売上金とつり銭の仕分作業を行う必要がありません。

ボタンを押すだけで売上金を回収できるため、
会計締め作業時間を大きく削減することが可能です。
 
 

クリニック向け対面型のセルフレジのご紹介動画(2:58)

機器構成

上位端末:プロスパー・ネットワーク社製 iTR-6000 Progress-I

2画面の15インチ液晶ディスプレイ
患者さま操作用とスタッフ操作用いずれにも15インチのカラー液晶ディスプレイを搭載。
音声と画面でお支払い額や各種メッセージを表示
患者さま自身がタッチパネルを操作し、お支払い対応をすることができます。

入出金端末:つり銭機RT/RAD-380

幅400㎜のコンパクトサイズ
紙幣・硬貨の各ユニットを横置き設置しても幅は400㎜とコンパクト。
紙幣・硬貨の入出金口の高さを揃えた使い勝手のよいレイアウトが可能です。

 

入出金ガイドランプ
入出金ガイドランプにより、紙幣・硬貨それぞれの入出金部を分かりやすく伝え、
スムーズに誘導します。

 

エラー解除ガイダンス
異物詰まりなど人によるエラー解除が必要な場合でも、
カラー液晶のアニメーションで対処方法をわかりやすくガイダンスします。

 

紙幣長手水平挿入方式
紙幣の挿入/払出は、駅の発券機や自動販売機でなじみのある、紙幣長手水平方式を採用。患者さまにスムーズな会計処理を促します。
 

導入事例

会計締め作業が1日20分から5分に削減

京王井の頭線・久我山駅の目の前にある「久我山 はなふさ皮膚科」は、老若男女1日70人~80人の患者さんが通う地域に根ざしたクリニックだ。2022年2月に現在の場所に移転したと同時に「対面型のセルフレジ」を導入した。導入に至った経緯と、ご利用いただいた効果などをスタッフの皆さまに話を伺いました。

>>久我山 はなふさ皮膚科様の導入事例はこちらから

● 導入製品:対面型のセルフレジ
 (POS端末:iTR-6000 Progress-I/入出金端末:RT/RAD-300)
● 導入時期:2022 年1月
● 導入台数:1台
● クレジット対応:あり
● バーコード対応:あり

保守サポート

全国に100カ所以上の直営拠点

東西2カ所のコールセンターと全国100カ所以上の直営サービス拠点を設置。
その拠点に、約1,000名の社員技術者を配置し、全国のお客さまに対して迅速で確実な保守サービスを提供しています。
 

グローリーの保守

※保守サポートプランに関しては個別の契約が必要となります。
詳しくはお問い合わせください。

サポート・お問い合わせ