株主・投資家の皆さまへ

トップメッセージ

picture-hero.jpg
「2020中期経営計画」の施策を確実に実行してまいります
代表取締役社長 三和 元純

当社グループは、1950年に国産初の硬貨計数機を開発して以来、通貨処理機のパイオニアとして新製品の開発に力を注いでまいりました。現在では、金融機関や流通店舗をはじめとする、世界100カ国以上のお客さまに業務の効率化、厳正化に貢献するさまざまな製品やソリューションを提供しております。

当社グループを取り巻く市場環境は大きく変化しています。ITをはじめとする様々な技術が日進月歩に進化する今、その進化の波を先取りし、潜在的なニーズを掘り起こすとともに、これまでにない新しい価値をいかに早く提供できるかという競争の時代に突入しています。国内外を問わず、金融機関においては厳しい経営環境の中、店舗の統廃合が進み、流通店舗では、クレジットカード、電子マネー、QRコード支払など決済手段の多様化が進展しています。

こうした中、当社グループは、 「長期ビジョン2028」の実現に向けたマイルストーンとして、2018年に「2020中期経営計画」を策定し、「持続可能な事業運営の基盤づくり」、「社会課題解決に向けた協働の取組み強化」、「成果に直結する生産性の向上と企業体質の強靭化」の3つの方針を掲げ、事業を推進しております。  

今年度は、「2020中期経営計画」の最終年度になります。本計画の達成に向け、より積極的に事業活動を推し進めてまいります。今後とも当社グループへご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

2020年4月

代表取締役社長

三和 元純