企業情報

ニュースリリース

picture-hero.jpg
リリース

2020年12月 1日

グローリー株式会社

「渋谷書店万引対策共同プロジェクト」当社の顔認証システムが万引被害の改善に貢献

グローリーは、東京都渋谷区内にある3書店(大盛堂商事株式会社書店部大盛堂書店、京王書籍販売株式会社啓文堂書店渋谷店、株式会社丸善ジュンク堂書店MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店)が、万引犯の顔画像を共有し、書店内で発生する万引を未然に防止することを目的とした「渋谷書店万引対策共同プロジェクト」に参画しています。

この度、本プロジェクトにおいて、グローリーの顔認証システムが、定量面、定性面からも万引被害改善に効果があることが発表され、「渋谷書店万引対策共同プロジェクト」を継続することとなりました。
本プロジェクトの継続にあたり、グローリーは、今年6月にリリースの新型コロナウイルスの感染症対策としてマスク着用が進む中、マスクを外さなくても検知可能な新ウォークスルー型顔認証システムを提供し、検知機能の向上を図ります。さらに同システムは、複数店舗の顔画像データを本部で一元管理できる「本部管理機能」も搭載しており、個人情報取扱における厳正化と大量窃盗などの広域展開対策にも威力を発揮します。

今後は、本プロジェクトの知見を生かし、書店のみならず大型商業施設やドラッグストア、スーパーなどへも導入を加速し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

本件に関するお問い合わせ

お客さまからのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社 国内事業本部 販売企画統括部 生体・画像認識販売企画一部
    TEL (03)5207-3020
報道機関からのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
    TEL (079)294-6317

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。