公金処理システム

公金処理の自動化・集中化を、総合的にサポートする新しいスタイル。
公金処理システム

概要

OCR自動読み取り技術の向上、イメージエントリー技術の高度化に加え、画期的な統合マシン「オートセレクタ」もラインアップ。グローリーは公金処理のトータルプロセスに革命を起こします。

特長

公金イメージ処理システムオートセレクタ FRS-20

プルーフボックス(オプション)接続時
▲プルーフボックス(オプション)接続時

歳入金も税金も公共料金も、この1台でワンストップ処理。

1.リーダーソーター&プルーフマシンのオールインワン統合システム。
2.混在一括処理ができるので、最小限の事前仕分けで対応可能です。
3.非OCR帳票は簡単タッチパネル操作でイメージエントリー可能。
4.一時分類できなかった領収済通知書は専用ユニットで収納・送出管理。
5.多品種・大量の帳票整理にも対応できる13スタッカー構成。

公金集中処理システム

OCRリーダー
▲OCRリーダー

文書為替や学校自振など、公金処理業務を集中管理。

1.公共料金・地方税取りまとめ/歳入金処理/文書為替/ロギング/学校自振の6つのアプリケーションをご用意。導入後でもアプリケーションおよび端末台数の追加ができます。
2.事務処理後、ホストコンピューターへデータ送信できるLAN対応システム。
3.記載内容・データのOCR自動読み取り、分類、集計に加え、各種非OCR分の分類集計作業に便利なプルーフボックス運用対応。
4.タッチパネルによる簡単入力で最大80分類に対応。

プルーフボックス

プルーフボックス

非OCR帳票を、効率よく正確に分類。

1.パソコンへの入力内容により、該当間口のLEDが点灯、投入先のボックスを指示します。
2.どのボックスに収納すれば良いかが一目で分かり、作業時間の短縮にもつながります。
※24間口の増設型もございます。

公金取りまとめシステム FHL10

公金取りまとめシステム FHL10

1.収納先提出用フォーマットの事前登録により、各納入先にそのまま提出が可能。
2.各種納付書(伝票)の種類を事前に登録し、日中から本システムに入力することで、締め上げ時間の短縮に効果を発揮。
3.最大3か月分のデータ管理が可能。データ修正・再印刷が容易に可能。

スペック

外形寸法 957(W:スタッカー最大スライド時)×409(D)×288(H)mm (キーボードを含まず)
質量 約22kg
使用電源 AC100V±10V (50/60Hz)
消費電力 120W

サポート・お問い合わせ