企業情報

ニュースリリース

picture-hero.jpg
新製品

2014年10月22日

グローリー株式会社

新型金融機関向けオープン出納システム「WAVE Pro」を開発

~業界初の機能により更なる効率化を実現、必要最少人員での営業店運営をサポート~

オープン出納システム「WAVE Pro」

オープン出納システム「WAVE Pro」
※写真をクリックすると高画質で表示できます

 弊社は、金融機関向けに、出納業務のシステム化を追求したオープン出納システム「WAVE Pro」を開発し、11月より販売いたします。

【主な特長】
  • 【業界初】イメージ処理機能により、手形・小切手や損券・損貨など全通貨のシステム管理を実現
  • 【業界初】新搬送機構により、従来は難しいとされていた新券の自動精査※1を実現
  • 「女性により使いやすく」をキーワードにした機構レイアウト、タッチパネル採用による操作性の向上

 オープン出納システムとは、金融機関の営業店において、出納担当者を介して行っていた入出金などの現金処理を、窓口担当者や営業担当者が各自で完結することを可能にしたシステムです。弊社は、出納業務の効率化・厳正化に貢献すべく、オープン出納システムのリーディングカンパニーとして時代のニーズに即した製品※2を開発し、現在、国内金融機関約13,000店舗へ導入されています。近年、金融機関においては従来にも増して「収益力の強化」が経営課題になっており、限られた人員での営業店運営、事務処理時間の営業工数へのシフトが強く求められています。

 こうした課題に対して、弊社は出納業務にかかわるすべての事務処理時間の最小化に向け「出納ゼロ」「ノーダウン」「リスク管理の更なる高度化」をコンセプトとする「WAVE Pro」を開発いたしました。
 従来、機械管理外としていた損券・損貨/旧貨幣/記念貨/手形・小切手をイメージ処理機能により機械管理し、締上げ時間の大幅な短縮を実現しました。

 また、新搬送機構を開発し、新券の自動精査、バラ硬貨の機内還流精査など、自動精査機能を充実させました。現金精査事務に関わる負担を大幅に軽減するとともに、手管理による違算や不正抑制にも効果を発揮します。

 さらに、女性が多く活躍する営業店の機器だからこそ、女性により使いやすいオープン出納システムを目指しました。最も不安に感じる機械トラブル改善に向け、内部機構を変更し、休止率をさらに低減させました。また、しゃがまずに運用できる機構レイアウト、エラー発生時のわかりやすい解除ガイダンス、最短で業務メニューを選べるタッチパネルなど、操作性が飛躍的に向上。女性が使いやすく安心して操作できるシステムを実現しました。

 営業店の出納事務処理時間の最小化に貢献する「WAVE Pro」は、必要最少人員での営業店運営をサポートできると確信しております。

 今後も弊社は、金融機関をはじめ、さまざまなお客さまの業務の効率化・厳正化ニーズにお応えできる製品を開発してまいります。

  • ※1
    自動精査とは、人の手を介さず機械自身で現金計数し、装置内の在高と現物(機内現金)の金種・枚数・金額の一致を確認すること。
  • ※2
    オープン出納システムの変遷
    ・1986年 「ADDSシリーズ」・・・業界初のオープン出納システムを開発
    ・1990年 「MFSシリーズ」・・・業界初の紙幣自動帯封機能を搭載
    ・1995年 「ODDSシリーズ」・・・コンパクトタイプのオープン出納システムを開発
    ・1998年 「WAVE 100シリーズ」・・・業界初の紙幣フルリサイクル、金種別精査機能を搭載
    ・1998年 「WAVE 50シリーズ」・・・業界最小の紙幣整理機能付きオープン出納システムを開発
    ・2005年 「WAVE 730シリーズ」・・・業界初の紙幣・硬貨フルリサイクル型オープン出納システムを開発
    ・2009年 「WAVE C30シリーズ」・・・業界初の最小フルスペック型のオープン出納システムを開発

本件に関するお問い合わせ

お客さまからのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社
  • 国内事業本部 金融営業統括部 営業一部
    TEL (03)5207-3012
報道機関からのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社
  • 総務本部 広報部 広報グループ(本社)
    TEL (079)294-6317

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。