企業情報

ニュースリリース

picture-hero.jpg
リリース

2021年5月26日

グローリー株式会社

新型コロナウイルスワクチン接種休暇の導入

グローリー株式会社は、新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、従業員とその家族の健康に配慮し、今後、全国的に展開される新型コロナウイルスのワクチン接種に備え、以下の通りワクチン接種日等における特別休暇を導入することを決定しました。

特別休暇の概要

1. 名称:新型コロナウイルスワクチン接種休暇(特別休暇)
2. 対象:当社従業員
3. 休暇の範囲:

本人 ワクチン接種日(1回目・2回目)   特別休暇(接種日当日)
副反応により就業が不能となったとき  特別休暇(1回につき1日)
家族(※1) 接種のために付き添いが必要なとき   積立年休(※2)より(接種日当日)
副反応により介護が必要となったとき  積立年休より(1回につき1日)

※1 家族とは原則として同居親族または、別居の1親等(親・配偶者・子)以内
※2 積立年休とは権利発生後2年を経過して失効する年次有給休暇を積立し、
  本人の私傷病・家族の介護等一定の目的の為に使用できる制度。

 

4. 適用期間:2021年5月26日から、ワクチン接種終了まで(2022年2月28日の予定)

グローリーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて各種対策を実施してきておりますが、本特別休暇制度を通じて従業員のワクチン接種へのサポートを行うことで、お客さま、お取引先さま、従業員とその家族の安全・安心の確保につなげてまいります。

本件に関するお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社
  • 経営戦略本部 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
    TEL (079)294-6317

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。