ホーム > 製品情報 > 電子決済・ASPサービスのご案内

電子決済・ASPサービスのご案内

セキュアな決済中継・ASPサービスを行うために、グローリーでは独自の情報処理を行う「GCANセンター」を運営しています。

GCANセンターについて

病院での使用例

サービス概要

GCAN(ジー・キャン)センターと接続された各種決済端末を使って、デビットカード(銀行のキャッシュカード)やクレジットカードで、商品や利用料金のお支払いが瞬時にできます。
GCANセンターは決済、通信代行業に必要な許認可を取得しており、安全性、信頼性さらには迅速性を確保した情報処理センターです。
各種決済端末は、病院、ホテル、食堂、キャンパスなど幅広い業種業態の加盟店に設置し、人手をなくし、効率のよい業務のお役にたちます。

サービスを提供できる加盟店の業種
スーパー・百貨店、病院、社員食堂、ゴルフ場、遊園地、映画館、鉄道、バス、一般小売店など
加盟店に設置される端末機
診療費支払機
FHP-20
電子マネー共通読取端末
<マルチリーダー>

PFM-20
PFM-10
  • ※GCANはグローリー株式会社の登録商標です。

電子公告調査サービスのご案内

GCANセンターは、法務省より「電子公告調査機関」の認定を受け、「電子公告調査サービス」を行っています。

電子公告調査サービス

GCANセンターの足跡

1999年9月
旧郵政省より、「デビット情報処理センター」認定取得
2000年4月
GCANセンターを構築、運用を開始
2001年6月
経済産業省より、「情報処理サービス業情報システム安全対策実施事業所」認定取得
2001年6月
日本クレジット協会より、「クレジット情報処理センター」としての認定取得
2002年3月
ISO14001(環境マネジメントシステム)認定取得
2003年1月
ISO9001(品質マネジメントシステム)認定取得
2004年4月
ISMS(情報セキュリティ マネジメントシステム)、BS7799認定取得
2005年3月
財団法人金融情報システムセンター(FISC)のガイドライン
「金融機関等コンピューターシステムの安全対策基準」の適合証取得
2006年4月
法務省より、「電子公告調査機関」として認定登録
2007年4月
ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認定取得
※国内規格ISMSから国際規格ISO27001へ移行取得

このページの先頭へ