情報セキュリティー基本方針

グローリー株式会社(グループ会社を含み、以下当社といいます)が取り扱う、顧客情報、個人情報並びに商品情報、特許情報等の様々な情報(以下、情報)は、当社がお預かりしている、または当社で保有している重要な資産です。
 

これら情報に対する保護管理体制を構築していくことは、お客様、お取引先様、地域社会の皆様などステークホルダーの皆様にとって極めて重要であり、当社企業理念および経営理念実践の一環としても重要と考えております。
 

ここに、ステークホルダーの皆様、ひいては社会からのより一層の信頼に応えていくために、情報セキュリティーの運用・維持・管理が重要であることを認識し、次のとおり情報セキュリティーに関する基本方針を定めます。

  • 1. 情報並びに情報を運用しているコンピューター、ネットワーク等の情報システムを情報資産と位置付け、これら情報資産を保護・管理するために最適なセキュリティー対策を講じます。
  • 2. 個人情報保護法等、情報セキュリティーに関する法令およびその他規範、並びに契約での取決めを遵守します。
  • 3. 情報セキュリティー、個人情報保護に関する社内規則を制定し、情報資産を利用する当社役員を含む従業者に対してこれを遵守させ、 情報資産の保護・管理の徹底に努めます。
  • 4. 当社コンプライアンス委員会のもと、情報資産の適正な運用・維持・管理を推進します。
  • 5. 当社情報セキュリティー体制を維持し、その継続的な改善に努めます。

改定日 2011年1月11日
制定日 2006年10月1日
グローリー株式会社
代表取締役社長 尾上 広和