ホーム > 企業情報 > ニュースリリース > フレキシブルな自動組立ラインを実現するヒト型ロボット「NEXTAGE」、第5回 ロボット大賞「次世代産業特別賞」を受賞

| More

リリース

2012年10月11日
グローリー株式会社
川田工業株式会社

フレキシブルな自動組立ラインを実現するヒト型ロボット「NEXTAGE」、第5回 ロボット大賞「次世代産業特別賞」を受賞

組立作業を行う「NEXTAGE」
組立作業を行う「NEXTAGE」


  グローリー株式会社(東証・大証一部上場:6457/本社:兵庫県姫路市/代表取締役社長:尾上 広和/以下;グローリー) は、2012 年10 月10 日に発表されました第5 回ロボット大賞(主催:経済産業省/一般社団法人日本機械工業連合会)にお いて、川田テクノロジーズ株式会社(東証・大証一部上場:3443/本社:富山県南砺市/代表取締役社長:川田 忠裕)のグル ープ企業である川田工業株式会社(以下;川田工業)とともに「次世代産業特別賞」を受賞しました。

 この度、両社が共同構築した自動組立ラインは、汎用的なロボットである「NEXTAGE」を用いることで、設備設置のリードタ イムと設備投資額を抑えながら多品種変量生産にフレキシブルに対応できる「ものづくり日本の復活」に貢献する次世代の 生産ラインになります。

背景

 日本の製造業は現在、急激な円高などの影響で生産設備の海外移転を加速させています。日本は少子高齢化による労働 人口の減少も進んでおり、中長期的にも競争力のある「ものづくり」を実現できなければ、産業の空洞化が起こりかねないと も言われています。

 グローリーは、部品点数が多く細かい組立作業が必要である通貨処理機の新しい生産ラインを、セル生産方式でヒトの作 業をそのまま引き継げる可能性のある、上半身型のロボット「NEXTAGE」を活用して構築しました。「NEXTAGE」の導入により、 多品種変量生産にフレキシブルに対応しながら、商品の品質安定化を可能にする画期的な生産ラインを実現しました。

 高度な量産技術を誇るグローリーと先端的なロボット技術を持つ川田工業が密接に協力し、お互いの強みを持ち寄ること で、日本国内に生産活動を残すひとつの道筋が実証されました。

 両社のチャレンジは、ヒト型ロボット「NEXTAGE」によるフレキシブルな自動組立ラインがさらに強化され、日本の「ものづくり」の革新につながる大きな一歩になるものと確信しております。

稼働の様子


※「NEXTAGE」の詳細については、川田工業の専用サイトをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

「NEXTAGE」に関するお問い合せ先

  • 川田工業株式会社 ロボティクス事業部 営業部
  • 〒321-3325 栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台122-1
  • TEL (028)677-5737
    E-Mail nextage@kawada.co.jp


報道機関からのお問い合わせ先

  • グローリー株式会社
  • 広報・IR部 広報グループ(本社)
    TEL (079)294-6317

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ