ホーム > 企業情報 > グローリーの歴史

グローリーの歴史

グローリーの歴史

グローリーの始まりは今から90年前、現在の兵庫県姫路市で国栄機械製作所が創業を始めた1918年まで遡ります。この頃、日本の一般家庭に電灯が普及し始め、国栄機械製作所は、生産拡大が進む電球の製造装置を修理する工場として事業をスタートさせました。

そして、自社製品開発を目指して技術力の向上に努め、1950年に国産初の硬貨計数機を開発、大蔵省造幣局へ納めた事をきっかけに、通貨処理機事業への取組みを始めました。その後、硬貨自動包装機、千円紙幣両替機、たばこ販売機などの国産第一号製品を開発し、グローリーは日本における通貨処理機のパイオニアとしての地位を確立することができました。

こうした事業を展開しながらグローリーが培ったのは、硬貨や紙幣などを正確に見分ける「認識・識別技術」と、硬貨や紙幣を1枚ずつ正確かつ高速に処理する「メカトロ技術」です。これらの独創的な技術を生かし、グローリーは、北米、ヨーロッパ、アジアの各地域に現地法人を持ち、世界100ヵ国以上で製品を販売するグローバル企業へと成長してまいりました。その歩みを簡単にご紹介します。

求める心の原点 ~ 尾上 壽作の精神 ~


会社の足跡

  • 1918グループの母体である国栄機械製作所(現 グローリー株式会社)を創業。
  • 1944株式会社国栄機械製作所(現 グローリー株式会社)を設立。
  • 1957国栄商事株式会社(現 グローリー株式会社)を設立。
  • 1969国栄商事株式会社がグローリー商事株式会社(現 グローリー株式会社)に商号変更。
    グローリーサービス株式会社を設立。
  • 1970昭和塗装株式会社を子会社化し、グローリー機器株式会社(現 グローリープロダクツ株式会社)に商号変更。
  • 1971グローリー工業株式会社(現 グローリー株式会社)に商号変更。
  • 1980第一事務器を子会社化し、北海道グローリー株式会社に商号変更。
  • 1981株式会社ジーエヌシステム(現 グローリープロダクツ株式会社)を設立。
  • 1982GLORY (U.S.A.) INC. (現 Glory Global Solutions Inc.)をアメリカに設立。
  • 1983大阪証券取引所市場第二部に上場。
  • 1984佐用グローリー株式会社(現 グローリープロダクツ株式会社)を設立。
  • 1988株式会社エー・ゼット(現 グローリーAZシステム株式会社)を子会社化。
    福崎工業有限会社(現 グローリープロダクツ株式会社)を設立。
  • 1989中央研究所(現 R&Dセンター)を竣工。
    株式会社陽光(現 グローリーIST株式会社)を子会社化。
  • 1991GLORY GmbH(現 Glory Global Solutions (Germany) GmbH)をドイツに設立。
  • 1994GLORY (PHILIPPINES), INC.をフィリピンに設立。
  • 1995財団法人(現 公益財団法人) グローリー小学生育成財団を設立。
    ジー・エー・エム株式会社(現 グローリーナスカ株式会社)を子会社化。
  • 1996GLORY MONEY HANDLING MACHINES PTE LTD (現 Glory Global Solutions (Singapore) Pte Ltd.) をシンガポールに設立。
  • 1998株式会社グローリーテクノ24を設立。
  • 2000大阪証券取引所市場第一部に指定替え、東京証券取引所市場第一部に上場。
    情報処理センター(GCANセンター)を設立。
  • 2001GLORY Cash Handling Systems (China) Ltd. (現 Glory Global Solutions (Hong Kong) Ltd.)を香港に設立。
  • 2003光栄電子工業(蘇州)有限公司を中国に設立。
    光栄国際貿易(上海)有限公司(現 Glory Global Solutions (Shanghai) Co., Ltd.)を中国に設立。
  • 2004Reis Eurosystems AG(現 Glory Global Solutions (Germany) GmbH)を子会社化。
  • 2005ナスカ株式会社(現 グローリーナスカ株式会社)を子会社化。
  • 2006グローリー商事株式会社を吸収合併。
    グローリー株式会社に商号変更。
  • 2008GLORY France(現 Glory Global Solutions (France) S.A.S.)をフランスに設立。
    GLORY IPO Asia Ltd.を中国に設立。
    光栄華南貿易(深圳)有限公司を中国に設立。
    クリエイションカード株式会社(現 グローリーナスカ株式会社)を子会社化。
    加西グローリー株式会社が佐用グローリー株式会社を吸収合併し、
    播磨グローリー株式会社(現 グローリープロダクツ株式会社)に商号変更。
    ナスカ株式会社がグローリーリンクス株式会社を吸収合併し、
    グローリーナスカ株式会社に商号変更。
  • 2010グローリー機器株式会社が播磨グローリー株式会社及びグローリーテック株式会社を吸収合併し、グローリープロダクツ株式会社に商号変更。
    Sitrade Italia S.p.A.を子会社化。
  • 2011 グローリーナスカ株式会社がクリエイションカード株式会社を吸収合併。
    GLORY Currency Automation India Pvt. Ltd. (現 Glory Global Solutions (India) Pvt. Ltd.) をインドに設立。
  • 2012グローリーサービス株式会社がグローリーF&C株式会社を吸収合併。
    Glory Global Solutions Ltd.を英国に設立し、Talaris Topco Limited (現 Glory Global Solutions (Topco) Ltd.)他32社を子会社化。
  • 2014PT. Glory Global Solutions Indonesiaをインドネシアに設立。

このページの先頭へ

製品の歩み


1950

国産初の硬貨計数機を開発、大蔵省造幣局に納入。

国産初の硬貨計数機を開発、大蔵省造幣局に納入。+
国産初の硬貨計数機を開発、大蔵省造幣局に納入。

1950

造幣局向け硬貨計数機(国産第一号)を発売。
昭和27年池田大蔵大臣を迎えての貨幣大試験で使用され、注目を集める。

       
1953

銀行向け硬貨計算機(国産第一号)を開発。

銀行向け硬貨計算機(国産第一号)を開発。+
銀行向け硬貨計算機(国産第一号)を開発。

1953

民間向け硬貨計算機『AC-1』(国産第一号)を発売。
定価12万5千円。導入した金融機関では『硬貨計数機を導入しました。 硬貨大歓迎』とPRされました。

       
1958

チューインガム販売機(国産第一号)を開発。

チューインガム販売機(国産第一号)を開発。+
チューインガム販売機(国産第一号)を開発。

1958

チューイングガム自動販売機『CH-1』(国産第一号)を発売。
大阪市内の百貨店で設置し、爆発的な人気を博す。
その後、全国の主要百貨店、菓子小売店の店頭に設置される。

たばこ自動販売機(国産第一号)を開発。

たばこ自動販売機(国産第一号)を開発。+
たばこ自動販売機(国産第一号)を開発。

1958

たばこ自動販売機『TH-1』(国産第一号)を発売。
手動式にて5銘柄のたばこを販売。定価15万5千円。
大学初任給1万3千円。
大阪市の百貨店に設置したところ、連日黒山の人たかりができる。

   
1962

硬貨自動包装機(国産第一号)を開発。

硬貨自動包装機(国産第一号)を開発。+
硬貨自動包装機(国産第一号)を開発。

1962

硬貨自動包装機『WA』(国産第一号)を発売。
硬貨の選別から、計算、包装までを自動的に処理。
車に積み込み全国各地をキャラバン。また、主要都市で展示会を開催。

       
1965

硬貨選別機(国産第一号)を開発。

硬貨選別機(国産第一号)を開発。

日送りつきコインロッカー(国産第一号)を開発。

日送りつきコインロッカー(国産第一号)を開発。+
日送りつきコインロッカー(国産第一号)を開発。

1965

日送り装置付きコインロッカー『LA-5』(国産第一号)を発売。
1日だけの預かり時間が常識的であった時代に、96時間までの自動預かりを実現。
大阪市内の私鉄ターミナルでの市場テストでは、2週間での利用率が77%を超える。

 
1966

自動定期預金機(国産第一号)を開発。

自動定期預金機(国産第一号)を開発。
銀行窓口用現金支払機を開発。

1972

金融機関向け窓口現金支払機『テラーズペイヤー』を発売。
テラー机に紙幣投出機構を組込み、窓口で払い出された現金を全て記録する製品。
1万円、5千円、千円、5百円の各札をボタン操作によって任意に投出。

       
1972

銀行窓口用現金支払機(国産第一号)を開発。

銀行窓口用現金支払機を開発。+
銀行窓口用現金支払機を開発。

1972

金融機関向け窓口現金支払機『テラーズペイヤー』を発売。
テラー机に紙幣投出機構を組込み、窓口で払い出された現金を全て記録する製品。
1万円、5千円、千円、5百円の各札をボタン操作によって任意に投出。

       
1974

紙幣帯封機(国産第一号)を開発。

紙幣帯封機を開発。        
1976

多能式紙幣両替機を開発。

多能式紙幣両替機を開発。+
多能式紙幣両替機を開発。

1976

多能式紙幣両替機『EN-3』を発売。
1万円、5千円、千円を簡単な操作で短時間に両替。
無人機コーナーでのサービス向上を図る金融機関のニーズに応える。

       
1981

紙幣整理機(国産第一号)を開発。

紙幣整理機を開発。+
紙幣整理機を開発。

1981

紙幣整理機『UA-30』を発売。
金種の分類、表裏の分類、異金種の混合チェックなどを自動処理。
金融機関、スーパーマーケット、百貨店などで、手作業に頼っていた現金処理時間を6分の1に短縮。

       
1985

金融機関向け循環式入出金システム(国産第一号)を開発。

金融機関向け循環式入出金システムを開発。        
1986

紙製磁気カード「プリペイドカード」システム(国産第一号)を開発。

紙製磁気カード「プリペイドカード」システムを開発。+
紙製磁気カード「プリペイドカード」システムを開発。

1986

カードシステムの革命児『Pカード』を発売。
マルチ用途で安価、しかも偽造防止を施した紙製磁気カード。
カード化社会の推進に大きく貢献できる製品として各方面から注目を集める。

金融機関向けオープン出納システム(国産第一号)を開発。

銀行向けオープン出納システムを開発。+
銀行向けオープン出納システムを開発。

1986

オープン出納システム『ADDS』を発売。
金融機関における出納業務の無人化を実現。
営業店の各セクションを超えたトータルでの合理化、省力化、効率化に貢献。

   
1987

パチンコホール向け景品管理システムを開発。

ホール向け景品管理システムを開発。        
1992

レジつり銭機(国産第一号)を開発。

レジつり銭機を開発。+
レジつり銭機を開発。

1992

レジつり銭機『RT-1』を発売。
通常のレジ操作でつり銭硬貨を瞬時に自動投出。つり銭の渡しミスやレジでの渋滞を解消。
'92日経優秀製品・サービス賞/最優秀賞(日経産業新聞賞)受賞

       
1998

印鑑照会システムを開発。

印鑑照会システムを開発。+
印鑑照会システムを開発。

1998

印鑑照会システムを発売。
金融機関で保管されている印鑑票をデータベース化し、その印影データを瞬時に呼び出すシステム。
金融機関が営業店毎に保管していた印鑑簿が不要に。

       
1999

業界初の自書式投票用紙分類機を開発。

業界初の自書式投票用紙分類機を開発。        
2001

非接触ICカード対応の店舗決済端末機と入金端末機を開発。

「非接触ICカード対応」の店舗決済端末機と入金端末機を開発。+
「非接触ICカード対応」の店舗決済端末機と入金端末機を開発。

2001

非接触ICカード対応の店舗決済端末機と入金端末機を開発。
プリペイド型電子マネーシステムに対応した情報端末機のラインナップを図り、電子マネー機器事業を拡大。

商品券入金機を開発。

商品券入金機を開発。+
商品券入金機を開発。

2001

商品券入金機『GDS-100』を発売。
これまで手作業で金種・券種毎に分類・計数していた精算業務を高速で、しかも正確に処理。
百貨店・スーパーマーケットでの商品券精算業務を省力化。

   
2003

高精度の顔照合技術を開発。

高精度の顔照合技術を開発。        
2004

パチンコホール向け現金管理機を開発。

ホール向け現金管理機を開発。        
2006

非接触ICカード対応の多能式ターミナルロッカーを開発。

非接触ICカード対応の多能式ターミナルロッカーを開発。        
2009

自動精査現金バスを開発。

自動精査現金バスを開発。

金融機関向けコンパクトオープン出納システムを開発。

金融機関向けコンパクトオープン出納システムを開発。    
2011

会話保護システムを開発。

会話保護システムを開発。        
2014

視覚障がい者向けポータブル紙幣読み取り機を開発。

視覚障がい者向けポータブル紙幣読み取り機        
2015

紙幣硬貨商品券入金機を開発。

紙幣硬貨商品券入金機        

このページの先頭へ