導入事例/お役立ち情報

管理・監督のできないその時も、REGIXはオーナー様の代わりになって日々のレジ処理を見守り

レジ・つり銭機双方の装置監視機能で、トラブル時の処理確認が容易に

お役立ち情報

日々、お会計をしているとトラブルはつきもの…。その時にその場所に管理者が立ち会えないケースも多いのが現状です。その時、トラブルの原因追跡が少しでも容易にできたらいいな…。REGIXはそんなオーナー様のお悩みにもお応えすることができます。

つり銭機の状態・操作履歴をすぐに確認

REGIX機能イメージ

REGIXには右図下図のような管理者用画面が搭載されています。

ここでご紹介したいのは以下の機能です。

REGIX機能イメージ

①「履歴照会」機能

つり銭機側の入出金やエラー発生の日時を詳細に確認することができます。現金在高の過不足などが発生したタイミングの絞り込みなどトラブル追跡のために便利な機能です。

②「ユニットロック解除」機能

つり銭機の内部には現金が収納されています。その収納ユニットを引き出すにあたり、物理的なカギではなく、レジから信号を送ってロックを解除します。そのため、現金収納庫にアクセスした履歴も残るため、万が一のトラブル時も疑わしい処理履歴を後日確認することができます。

REGIX機能イメージ

③「エラー解除ガイダンス」機能

つり銭機の状態監視機能の目玉となるのがこのエラー解除ガイダンス。つり銭機にエラーが発生した時には、フルカラーのアニメーションでエラー解除までの手順をご案内します。エラー解除用の別資料などを参照する必要がないので、すぐに対処することができます。

店舗運営においての現金管理が安全・安心

POSレジ×つり銭機のサブスクリプションサービス
REGIX
POSレジ×つり銭機のサブスクリプションサービス
REGIX

現金授受の効率化へGO
まずは簡単WEB審査

審査お申し込みはこちら
PAGE TOP