郵送申請書類管理システム

MAS-1000EB
郵送申請書類の受付から帳票作成までを一括管理。
郵送申請書類管理システム MAS-1000EB

概要

増加する郵送申請業務の効率化・省力化を実現します。

特長

バーコード付き受付票の自動発行により、申請書・証明書の効率的な業務フローを実現

申請書受付時に、受付番号をデータ化したバーコード付き受付票をジャーナルプリンターで自動発行。精算処理の際、受付入力していたデータをバーコードで瞬時に呼び出しが可能。

交付手数料の自動計算、領収書自動発行で会計業務負担を大幅に軽減

今まで台帳あるいは精算書控えを見ながら行っていた交付手数料の計算処理・精算書(領収書)の作成を自動化。また、受付時に預かり小為替金額を入力しデータ化しているので、迅速・厳正な照合作業が行えます。

簡単な入力により申請書類管理をデータ化、受付台帳などの各種帳票作成を自動化

受付番号、申請者名・預かり小為替金額等の入力により、台帳(送付管理表)・未処理リスト・保留リスト・手数料計算書(日計/月計/年計)といった各種帳票、管理資料の作成作業の自動化を実現。また、モニター上での確認はもちろん、帳票プリンターでの出力により紙ベースでの管理も可能です。

申請者からの問い合わせにも迅速に対応。処理内容のスピーディーな検索機能

受付台帳のデータ化により、申請者からの問い合わせにもすばやい対応が可能。検索項目を入力することにより、処理状況が液晶モニターで瞬時に確認できます。また、申請者名・受付番号・受付期間・精算期間の指定により、該当する処理履歴を簡単に検索することもできます。

スペック

本体寸法 270(W)×215(D)×220(H)mm
質量 4.5kg
消費電力 36W
標準システム構成 [ターミナル MAS-1000EB]
[ジャーナルプリンター SY-MAS-600]受付票・領収書(精算書)の作成 RS232Cシリアルインターフェース×1
[ バーコードリーダ ES-1R]受付票のバーコード読み取り RS232Cインターフェース×1
[A3帳票プリンター]送付管理表・手数料計算書などの作成  PS/2インターフェース×1

サポート・お問い合わせ