CSR

株主・投資家への責任

picture-hero.jpg

当社は、株主や投資家の皆さまとの対話の機会を重視し、さまざまな取り組みを行っています。

情報開示と建設的な対話に関する方針

当社は、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するべく、株主・投資家の皆さまとの建設的な対話を促進するための体制整備や取組みを実施することを基本方針としております。

株主総会

株主総会の様子

株主総会の様子

当社は、株主の皆さまとの対話の機会を重視し、株主総会の活性化に向けた取り組みを行っています。

株主の皆さまに、株主総会の議案について十分検討していただくために、2008年6月開催の定時株主総会より、総会日の3週間前に招集通知を発送しています。招集通知は、よりわかりやすい資料となるよう写真やグラフも掲載するなど、毎年工夫を重ねています。また、議決権行使の電子化も行い、株主の皆さまが、決議により参加していただきやすい環境を整備しています。

株主総会当日は、社長が映像やナレーション等も活用しながら、決議事項、報告事項について詳細に説明を行い、株主の皆さまに各議案について十分に審議いただけるように努めています。また、株主総会後の「ショールーム見学会」では、主要製品を展示するとともに、社長を始めとした取締役・執行役員・社員が製品や歴史等について説明を行い、株主の皆さまとの対話を心がけています。

株主・投資家との対話

当社についてご理解いただくため、当社は、株主・投資家の皆さまとの対話の機会を積極的に設けています。

機関投資家の皆さまに対しては、当社の業績や事業戦略等を正しくご理解いただけるよう、決算説明会や決算説明コンファレンスコール(電話による説明会)、工場見学会等を開催しているほか、海外投資家の皆さまを対象とした証券会社主催のイベントにも参加しています。また、個人の株主・投資家の皆さまに対しては、会社説明会の開催やIRイベント等への参加を通して積極的に情報を発信するとともに、直接対話することを心がけています。

さらに、株主・投資家の皆さまの利便性向上と、よりタイムリーな情報開示を目的に、ウェブサイト内に専用サイトを設けています。四半期ごとの決算説明資料をはじめ、株主向け報告書、アニュアルレポートを始めとした資料を充実させるとともに、初めてサイトを訪れる方にも簡単にご理解いただけるように、日々、改善を重ねています。