企業情報

ニュースリリース

picture-hero.jpg
新製品

2018年1月22日

グローリー株式会社

光学式印鑑スキャナー「FMN‐10」を開発

~ 印鑑の印影をデータ化、伝票のペーパーレスを実現! ~

光学式印鑑スキャナー「FMN‐10」

当社は、印鑑から直接印影を読み取る光学式印鑑スキャナー「FMN-10」を業界で初めて開発し、 2018年4月より販売を予定しています。

現在、金融機関等では、来店顧客が目的の伝票に印鑑を押し、窓口に提出します。
伝票を受け取った窓口の担当者は、その伝票をスキャナーで読み取り、そこに押された印鑑の印影とあらかじめ届けていた登録印影を印鑑照合システムから端末画面上に表示させ、同一の印影か照合します。その際、押印時の朱肉の付き方や押圧等の影響により、登録印影との照合に時間がかかるケースがありました。

この度開発した光学式印鑑スキャナーは、印鑑の印面の凹凸を直接読み取るため、朱肉をつける必要が無く、また、印面が接触するスキャナー表面に二重構造の弾性体を採用したことで、押圧等の影響も受けにくくなり、登録印との照合がスムーズに行えます。

これにより、同一印鑑の印影であれば印鑑照合システムで本人確認の判断が容易になり、同時に伝票のペーパーレス化や事務処理の効率化が可能となります。さらに、押印の不備が減少することで、来店顧客の利便性も向上します。

この光学式印鑑スキャナーは2017年2月に株式会社三井住友銀行様が、国内金融機関で初めて試験的に導入されました。今後は全店へ導入いただく予定です。さらに金融機関だけでなく、地方公共団体等へも提案してまいります。

本件に関するお問い合わせ

お客さまからのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社 金融営業統括部 ソリューション営業推進部
    TEL (03)5207-3014
報道機関からのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
    TEL (079)294-6317

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。