企業情報

ニュースリリース

picture-hero.jpg
新製品

2017年9月 7日

グローリー株式会社

コンビニエンスストア向け新型つり銭機「R03シリーズ」を開発

~ コンパクトで、運用に適した操作部。レジ現金取り扱い業務の効率化、厳正化 ~

オープン出納システム「WAVE A52S」

つり銭機「R03シリーズ」
左部:硬貨つり銭機RT-R03 右部:紙幣つり銭機RAD-R03
※写真をクリックすると高画質で表示できます

【主な特長】
  • 当社従来機比 幅10パーセントの縮小※1
  • コンビニエンスストアの運用に適した操作部レイアウト

当社は、主にコンビニエンスストアをターゲットとして、POSレジと連動して、お客様からの預かり現金の計数とつり銭の払い出しを自動で行う硬貨つり銭機「RT-R03」、紙幣つり銭機「RAD-R03」を新たに開発し、つり銭機「R03シリーズ」として11月より販売を開始いたします。

当社は1992年に業界初のつり銭機を発売以来、スーパーマーケットをはじめとする小売業を中心に販売拡大を図ってまいりました。近年では専門店、飲食店においてもつり銭機の導入が進んでおり、POSレジと同様にインフラ設備となりつつあります。一方、これまで、つり銭機の導入が進んでいなかったコンビニエンスストアにおいても、取り扱い業務が多様化するなか、労働人材の確保が課題となっており、レジ担当者やオーナーの業務負担の軽減、現金管理の厳正化、未経験者の即戦力化などに効果を発揮するつり銭機の導入気運が高まっております。

この度開発した新型つり銭機「R03シリーズ」では、コンビニエンスストアのレジ周りにおける担当者の動線を徹底的に研究し、導入に最適な「コンパクトサイズ」、「操作部レイアウト」を実現いたしました。

コンビニエンスストアでは、カウンターのスペースが狭く、レイアウト適合したコンパクトな機械が求められています。そこで、この度開発した「R03シリーズ」では新たな機構を採用して、幅を従来機比で約10パーセント短縮し、且つ前面フラットなデザインにしました。また、レジ担当者はお客様と正対しながら、右側に置かれたレジを操作することが多いので、現金を扱いやすいように入出金部を左側にレイアウトしました。さらに、機械の状態や操作ガイダンスなどを表示するディスプレイを無くし、POSレジの画面につり銭機の情報を表示する方式を採用しました。

当社は今後も、つり銭機を中心とした多彩な製品ラインナップで、店舗の効率化と厳正化を実現するトータル提案を実施し、お客様の課題解決と新たな価値の創造を行ってまいります。

 

※1 当社従来機 つり銭機300シリーズとの比較

本件に関するお問い合わせ

お客さまからのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社
  • 国内事業本部 リテール営業統括部 営業二部
    TEL (03)5207-3012
報道機関からのお問い合わせ先
  • グローリー株式会社
  • コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
    TEL (079)294-6317

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。